スマホならレンタルが一番


どこへ行くときもスマホは一緒

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
5月 19, 2015 at 10:27 AM

朝起きてから夜寝る時までスマホは常に自分のそばにございます。

私はトイレに行くときとお風呂へは持って行きません。

お風呂ではないのですがお風呂場で足湯をやる時にはスマホは時間つぶしになりますので持って行きます。

通勤していた時はよく電車の中から友人にメールを送る時間でございました。

普段テレビを見ている時やご飯を食べている時にはそばにはありますが使用することはございません。

携帯電話が番号を覚えていてくれるので自分で誰かの電話番号を覚えていることがなくなりました。

ですから外出した時にスマホを忘れてしまうと何も出来ないのでございます。

そのくらいスマートフォンに依存してしまっている状態でございます。

小さい頃には自分の家の電話番号と仲良しの子の家の電話番号くらいは覚えていたものでございます。

今は家の番号は何か書類など書く時に必要なので覚えておりますが母親の携帯電話の番号もはっきりと覚えていない状態でございます。

スマホがあればどんな情報も教えてくれるのですごく便利でございます。

テレビのニュースで少年事件が話題になることがございます。

その時に必ずスマホを持っていることに驚きます。

携帯電話は普通いつも身につけて出かけたり移動したりします。

母はよく携帯電話を忘れてしまいますが。

やはり若者より年配の人の方が携帯電話に固執していない気がいたします。

携帯電話を身につけていないと不安になってしまいます。

それは、いつでも親しい友人と連絡が取れる状態にしていたいからでございます。

それと暇になった時にいつでもゲームをやりたいからでございます。

ゲームはスマホが断然多いので欠かせないです。

私はお風呂に入る時は持って行きませんが、音楽を聴くとかテレビを見るとかゲームをやるとかといった使い方がございます。

私はやはり緊急事態の時にその威力を発揮してほしいと思うのですが、災害の時には電話が通じないということもございます。

何より電池がどのくらいもつのかとても心配しております。

電池が無かったらスマホは本当に役に立たないものだと思います。

早く何とかしなければと常日頃考えております。